「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エトブン社 絵草紙 <<espresso ETOBUNSHA>>

エトブン社です。絵と文を描いています。


by etobunsha
プロフィールを見る

つかれたび。

いつもの取材旅行ではたいてい札幌の実家に入り、
そこを拠点にあちこちまわるのだけど、
今回は羽田から函館へ。路線バス、トラム、そぞろ歩き、サブちゃん。
町を巡って取材して。
その後、噴火湾をぐるりと白老まで。
晩秋というか初冬のポロト湖と羽を休めるダイサギたちを
眺めながら深呼吸。
ここから気温がぐぐぐと下がり、
札幌に入った夜には一面真っ白。
この景色の変化がたまらない。交通機関利用のみなさんには
申し訳ないけれど、冬囲いされた植木、街路樹のナナカマドに積もる
綿帽子を見るとホッとする。

はー、高気密高断熱のあったかい部屋で一息つくと、「あれ?つかれてる?」と
意識しちゃう。洗濯しつつ、メール作業くらいはしつつ、
1日ゆったり。
ホッキご飯に旬のシシャモ焼き(オス)。実家に必ずある
ぼんちあられをポリポリ。
ああこのまま冬眠したい。

f0077054_17585981.jpg


そんなとき、夜にとどいた同級生の訃報。「久しぶり」「なした?」と
会話しつつすぐに嫌な予感。そっか。ありがとね。びっくりさせないように
伝えてくれた友人の優しさもありがたい。
翌朝ぼんやり新聞を眺めていたら、イラストレーターのフジモトマサルさんの
訃報が続く。白血病。あの絵から想像できない病だなあと思った。こちらは
会ったこともない他人だけど、
好きな絵を描く人がいなくなってしまい寂しさがふつふつ。

それでも、「いつものように幕が開き」
絵やら文やら描きましょう。
もう一か所、ちょっと東の初めて行く場所へ。ああ楽しみだ。

お疲れ休みの出来事でした。
[PR]
by etobunsha | 2015-11-25 10:52 | エトブン社の絵 | Comments(0)